人と動物の共生の時代に、獣医師必須の危機管理プラン。

本プランの特長

日々の診療業務に安心してお取り組みいただくために。

獣医師の皆様が、法律上の賠償責任を負担することによって被る次の損害を保険金としてお支払いします。
イメージ 本プランの特長

保障の対象となる主な事故

こんな、法律上の賠償責任を負ったとき保障します。

(1) 獣医師業務に関する事故

① 獣医師が獣医業務を遂行することにより、誤って動物や他人に障害を与えたり、財物に損害を生じさせた場合、保険金支払いの対象になります。

  • 治療中に誤って動物を診療台から転落させ死亡させた。
  • 手術の際、麻酔薬の過量によって動物を死亡させた。
  • 入院中の犬を運動につれていった際、管理上のミスにより通行人にかみついてケガをさせた。
獣医師が獣医業務を遂行することにより、誤って動物や他人に障害を与えたり、財物に損害を生じた場合、保険金の支払いの対象になります。

② 治療等のために預かっている動物の管理ミスにより、紛失、逃亡もしくは盗難にあったり、またそれが原因で他人に障害を与えたり財物に損害を生じさせた場合、保険金支払いの対象となります。

  • 管理不十分なため、入院中の動物が逃げたり、盗まれたりした。
  • 隔離に注意が足りなかったため、入院中の動物が逃亡し、交通事故となり死亡した。
  • 入院中の動物が管理不十分のため逃亡し、通行人にかみついてケガをさせた。
獣医師が獣医業務を遂行することにより、誤って動物や他人に障害を与えたり、財物に損害を生じた場合、保険金の支払いの対象になります。

(2) 動物診療施設の所有・使用、管理上の事故

① 施設、設備の所有、使用、管理の不備によって動物や他人に障害を与えたり、財物に損害を生じさせた場合、保険金支払いの対象となります。

  • 薬品棚が倒れ受託動物にケガをさせた。
  • 看板が風にあおられ、飛んで通行人にケガをさせた。
  • 診療室から失火して受託動物を焼死させた。
獣医師が獣医業務を遂行することにより、誤って動物や他人に障害を与えたり、財物に損害を生じた場合、保険金の支払いの対象になります。
ご注意
① 勤務獣医師契約の場合は、「(1)獣医師業務に関する事故」のみ保険金支払対象となります。
② 事故の内容に関しては「日本獣医師会獣医師賠償責任保険中央審議会」(獣医師、弁護士および損害保険ジャパン日本興亜によって構成)において審査を行います。
お問い合せ・資料請求はこちら